渡辺てつや 活動報告

安心して子どもを育てられる福島をつくります

2人の娘のお父さんです。福島の子どもたちが元気に希望を持って育ち、その子どもたちを安心して育てられる環境をつくります。

てっちゃんは自慢の同級生

「てっちゃんに任せておけば安心」。小学校時代から、てっちゃんがけんかをしている姿を見たことはありません。誰とでも昔から仲良しであるかのように打ち解ける姿は、てっちゃんの独特の魅力です。小さい頃は面倒を見たくなるようなちょっと抜けた感じでしたが、大人になって会ったてっちゃんは、福島のことを一生懸命考えていて、背だけではなく、人として大きくなっていました。「信頼」という言葉がぴったりの自慢の同級生です。
(小中学校の同級生 阿部美香子さん、福島市渡利在住)

飯野町の還暦野球の皆さんと

高齢者が安心して安全に暮らせる福島をつくります

父母は70代、健康を気にする世代です。シルバー世代は地域の活力の源です。高齢者が生き生きと健康に暮らせる地域づくりに取り組みます。

世界に誇れる福島ブランドを発信します

20年間の記者生活を通じて、食や温泉など福島の素晴らしさを実感してきました。そのブランドを日本に、そして世界に届ける環境をつくります。祖父はモモ農家を営み、父は町工場を営んでいます。地域社会のそれぞれの分野で懸命に働く皆さんとの間に絆をつくり、地域活性化につなげます。

地域を支える農商工・観光のネットワークをつくります

魅力あふれる先輩

「いつも具合が悪そうな顔をして」。哲也さんが会社で私を見ると出てくる挨拶の言葉です。日頃の忙しさの中でも人を気遣い、人をほっとさせる哲也さんです。取材相手と話す際、さりげなく的を射た話題を出し、話しやすい雰囲気をつくっていきます。ただ聞くだけでなく、自分の素直な意見や提案も話すことで、いち早く相手の信頼を得てしまいます。自然と人を引き付ける魅力のある、記者としてうらやましく感じた先輩です。
(新聞社の後輩 佐藤友亮さん、福島市太田町在住)

渡辺てつやの原点

平成30年全国植樹祭会場(南相馬市)で子どもたちの声をききました

平成23年11月12日、事故後初めて世界のマスコミに公開された福島第一原発の事故現場を取材しました。毎時1ミリシーベルトに迫る放射線量の中で、未曽有の災害の厳しい現実を最前線から伝えました。その時の経験と思いが「原発共生の虚実」や「岐路­ふくしまの選択」などの連載記事につながっています。取材を続ける中で、県民の安全・安心への不安と苦境の中でも希望を見いだす子どもたちの姿に触れ、新聞記者としてペンの力で訴え続けてきました。今、福島は県民の健康指標の悪化や中小零細企業の事業継承など、新たな諸課題が見えてきました。例え少数意見であっても一人一人の声を聞いてきた経験を生かし、書く力を政策を実現する力に変え、県民の皆さんの思いを、そして言葉を、県政に発信します。

新聞記者として私が手がけた記事

てっちゃんのプロフィール

名前/
渡辺 哲也(わたなべ てつや)
昭和51年8月10日 川俣町生まれ
経歴/
平成7年3月 学法福島高等学校卒業
平成11年3月 福島大学経済学部卒業
平成11年4月 福島民友新聞社入社
平成16年4月 浪江支局長
平成20年4月~平成年3月 報道部(県政記者クラブ)
 ・H23.11.12 事故後初めて公開された
毎時1ミリシーベルトに迫る福島第一原発を取材
 ・H23 「福島原発­ 災害連鎖3.11から」の連載を担当
 ・H24「原発共生の虚実」の連載を担当
平成25年4月 報道部主任(遊軍キャップ)
 ・H25「岐路­ふくしまの選択」の連載を担当
平成27年3月 いわき支社報道部長
平成29年4月~平成31年3月 報道部次長(県政キャップ)
 ・H29「倉本聰さん7年目の福島を歩く」を担当
 ・H31「倉本聰さん震災8年福島を見つめる」を担当
平成31年3月 退社
地域の役職歴/
浪江青年会議所理事
飯舘村の教育を語る会委員
渡辺てつやの活動拠点
福島市瀬上町字沢目4-2
福島市中町6-24-405
福島市方木田字高屋33-6
福島市南向台2丁目10-111
福島市飯野町大久保字境川49-1
福島市中町在住。家族は妻と2人の娘です。
「てっちゃん」と呼んでください

てっちゃんと福島をつくる会

〒960-0101 福島市瀬上町字沢目4-2 TEL&FAX.024-554-1164 携帯.080-2839-0109 E-mail watanabe1976@watanabe1976.jp

「てっちゃんと福島をつくる会」入会申し込み

てっちゃんと福島をつくる会規約
第1条
(名称及び所在地)
本会は、てっちゃんと福島をつくる会と称し、主たる事務所を福島市に置く。
第2条
(目的)
本会は、福島のよりよき未来をつくるための渡辺哲也(通称:てっちゃん)の政治活動を支援することを本来の目的とし、あわせて会員相互の親睦を深めることを目的とする。
第3条
(事業)
1 講演会、座談会等の開催
2 会報等の発刊及び配付
3 関係諸団体との連携・協力
4 その他本会の目的達成のため必要な事業
第4条
(会員)
本会は、第2条の目的に賛同する者をもって会員とする。
第5条
(役員)
本会に次の役員を置く。
会長       1名
会計責任者    1名
第6条
(経費)
本会の経費は、寄付金、その他の収入をもって充てる。
第7条
(会計年度)
本会の会計年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。
第8条
(その他)
本規約に定めなき事項については,役員会で決定する。
付 則
本規約は、平成31年4月1日より実施する。
プライバシーポリシー

てっちゃんと福島をつくる会は以下の方針に基づきお客様の個人情報の保護に努めてまいります。

1.法令遵守
お預かりした個人情報は個人情報保護に関する法令を遵守し適正に取り扱います。
2.利用目的
お預かりした個人情報はお問い合わせなど利用範囲を限定し、ご本人の同意なく、他の目的に利用いたしません。
3.個人情報の管理
お預かりした個人情報は厳正に管理し、紛失、漏洩等に対し適切な予防を実施し、お問い合わせ等の対応終了後は適切な破棄、削除をいたします。
4.個人情報の第三者への提供
お預かりした個人情報は法令、条例に定める場合を除き、ご本人の同意なく第三者に提供することはいたしません。